SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)シフトレバーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ) シフトレバーの特徴・選び方

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)特徴

特徴

「シマノ600」は1976年に入門車・ツーリング車向けのとしてラインナップに登場して以来、旗艦モデルの更新に合わせる形で熟成を重ね、1992年にはULTEGRA(アルテグラ)という異なる名を得るに至り、今ではプロユースにもたえうる高性能なセカンドグレードモデルの地位を確立しています。ULTEGRA(アルテグラ)のクロスバイク用シフトレバーは、軽い操作感とギアの位置を明確に伝えてくれるオプティカル・ギア・ディスプレイを備えています。

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)選び方

選び方

ULTEGRA(アルテグラ)のクロスバイク用シフトレバーとして現状唯一ラインナップされているSL-R780番台シリーズは、リア10速仕様です。最新の11速システムには対応していない点をご確認ください。SL-R783は、R780と違いフロント(左レバー)がダブルではなくトリプル仕様となっており、フロントダブルの環境では使用できない点にご注意ください。