TRP(ティーアールピー)シクロクロス専用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TRP(ティーアールピー)シクロクロス用の詳細なカテゴリ

TRP(ティーアールピー) シクロクロス用の特徴・選び方

TRP(ティーアールピー)特徴

特徴

ロード、シクロクロス、MTBとあらゆるブレーキシステムを製造するTRP(ティーアールピー)。長年にわたりブレーキ専門メーカーとして、多くのノウハウを積み重ねてきました。ブレーキは単にストッピングパワーを大きくするだけでは、機能を果たしません。ブレーキングタッチや、スピードコントロール性能、効きはじめからフルブレーキングまでの挙動など、バランスがとれていないと、いいブレーキとは言えません。さらには、軽量であることも求められます。ブレーキに特化した開発で、高性能なブレーキを作り出しています。

TRP(ティーアールピー)選び方

選び方

シクロスクロス用に開発された。TRP(ティーアールピー) EUROX MAGNESIUM CANTILEVER BRAKE(ユーロクロス マグネシウム カンチブレーキ) BR-TRP-008【シクロクロス用コンポーネント】【カンチブレーキ】。このタイプのブレーキは、レーバーの遊びが同じでも、他のブレーキ形状のものより、リムとブレーキシューのクリアランスを大きく確保できます。これにより、泥ハケがよくなります。さらにマグネシウムを採用しているので、高剛性で軽量に仕上がっています。カンチブレーキの制動力に不安がある方には、TRP(ティーアールピー) CX-9 39-49mm 【カンチブレーキ】 【ブレーキ】がおすすめです。シクロクロスタイヤには、制動力が強すぎるといわれていますが、ブレーキに不安を持ちながらでは、レースになりません。お好みタイプをお選びください。