TOPEAK(トピーク)乾電池式を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPEAK(トピーク) 乾電池式の特徴・選び方

TOPEAK(トピーク)特徴

特徴

topeak(トピーク)は、サバイバルギアボックスやウェッジバッグをはじめとしたバイクライフのあらゆるシーンに活躍するバイクアクセサリーを展開するブランドです。細部まで考え抜いて作られた製品群と、豊富なラインナップが多くのライダーから支持されています。また、常に革新的な製品を発売し続けており、製品の発売の歴史がtopeakブランドヒストリーそのものとなっています。topeakの乾電池式ヘッドライトは、10m離れた所で7Luxの明るさが得られるハイパワー1WのLEDライトをはじめ、複数の商品がラインアップされています。ブラケットをそのままで取り外すことができ、ホルダーから外してフラッシュライトとしても使えるので、夜間作業などにも活躍してくれます。

TOPEAK(トピーク)選び方

選び方

topeakの乾電池式ヘッドライトは、高輝度を誇る1WタイプLEDライトの他、レンズ面が点灯スイッチの小型で軽量なLEDライトまであり、その用途や目的に応じチョイスできます。取り外しが簡単なラバーストラップ仕様で、点灯/点滅の2モードと点灯の明るさの切り替えもできる3モードタイプもあり、夜間走行をサポートしてくれます。