TOKEN(トーケン)ハンドル・ステム・ヘッドを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TOKEN(トーケン)ハンドル・ステム・ヘッドの詳細なカテゴリ

TOKEN(トーケン) ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方

TOKEN(トーケン)特徴

特徴

TOKEN (トーケン)は台湾の自転車パーツブランド。カーボン成型技術は、もはや中国や台湾が最先端の技術を持っていて、その一角がTOKEN (トーケン)なのです。カーボンホイールやベアリングなどを得意とし、小物にはカラーバリエーションも抱負にそろっていて、ちょっとしたアクセントをつけるのに、重宝します。数多くの有名ブランドが、実際の製造を台湾や中国で行っています。製作技術は非常に高いレベルにあり、ユニークなアイデア商品もラインナップしています。

TOKEN(トーケン)選び方

選び方

たくさんの情報を一度に表示できるように、サイクルコンピューターのディスプレイは大型化しています。そのため、いままでのようにハンドルやステムの上からだと、見えずらい物になってしまいました。そこで現在、専用又は汎用ステーでハンドル前方にマウントするのが、主流になりつつあります。そこでお勧めなのがTOKEN (トーケン) TK510 Alloy Computer Bracket (アロイコンピューターブラケット)カラー:ブラック、レッド、ゴールドです。コンパクトで使いやすくカラーも3色から選択できます。このマウント位置を試したことの無い方は、是非おすすしたいパーツです。ディスプレイの見え方に大きな違いがあります。苦しい時でも、視線の移動量が少ないので、非常に確認しやすいです。