TOKEN(トーケン)ロードバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TOKEN(トーケン)ロードバイク用の詳細なカテゴリ

TOKEN(トーケン) ロードバイク用の特徴・選び方

TOKEN(トーケン)特徴

特徴

TOKEN (トーケン)は台湾の自転車パーツブランド。カーボン成型技術は、もはや中国や台湾が最先端の技術を持っていて、その一角がTOKEN (トーケン)なのです。カーボンホイールやベアリングなどを得意とし、小物にはカラーバリエーションも抱負にそろっていて、ちょっとしたアクセントをつけるのに、重宝します。なかでもカーボンホイールの完成度は高く、レースでは高いアドバンテージを得られるでしょう。

TOKEN(トーケン)選び方

選び方

デュアルコントロールレバーが登場する直前は、ブラケットカバーは白が流行っていてプロ選手はこぞって白を使用していました。そしてSTIやエルゴパワーが登場すると、カバーの色は黒一色の時代に。そしてここ最近になってカラフルなものが登場しています。TOKEN (トーケン) TK366 Lever Hoods (レバーフード) は8色から選ぶことができ、バイクカラーとコーディネートできます。走っている最中、視界に入る部分ですので、気分も一新されるでしょう。数社からビックプーリーが発売されるなど、プーリーは抵抗の大きな部品で改善の余地があります。TOKEN (トーケン) TK170TBT Rear Derailleur Pulley (リアディレーラープーリー) 10T カンパ用 2個入は、TOKENオリジナルのティラミックボールベアリングというセラミックベアリングに、チタンコーティングしたもので、非常にスムースな回転を実現しています。