SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)ワイヤー用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ) ワイヤー用の特徴・選び方

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)特徴

特徴

ロード・MTB双方の世界にわたり多くのライダーの絶対的とも言える信頼を獲得しているSHIMANO(シマノ)の誇るロード用コンポーネントのミドルグレードが、上位モデル由来の高い基本性能をカジュアルなルックスの中に盛り込んだTIAGRA(ティアグラ)です。TIAGRA(ティアグラ)のリアディレイラーは、上位モデルで優位性が実証されてきた基本構造や変速機構を踏襲しており、ライダーに安定した変速パフォーマンスを提供します。

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)選び方

選び方

TIAGRA(ティアグラ)のリアディレイラーは、前モデルの4600シリーズ及び最新モデルの4700シリーズともにリア10速仕様で、それぞれがディレイラーケージの長短によりGS仕様とSS仕様がラインナップされています。同じGS仕様でも、4600シリーズでは対応最大ローギアは32Tとなっていましたが、4700シリーズは対応最大ローギア34Tへの拡大という、軽いギア比を求めるハイケイデンスタイプのライダーや入門者にとって大変魅力的な進化を遂げています。