TANGE(タンゲ)フレーム・フォークを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TANGE(タンゲ)フレーム・フォークの詳細なカテゴリ

TANGE(タンゲ) フレーム・フォークの特徴・選び方

TANGE(タンゲ)特徴

特徴

長い歴史を持つTANGE ( 丹下 )。もともとは、フロントフォークのメーカーとして設立しました。自転車のフレーム構成の中でも、フロントフォークはハンドリングをきめる重要な部分です。TANGE ( 丹下 )は、多くのノウハウを持ち、高品質な製品を作り出すメーカーです。そこから発展しフレームチューブのTANGEプレステージを開発しました。スチールフレームがレーシング機材として、第一線だった時代に高品質なフレームチューブとして高い評価を受けていました。

TANGE(タンゲ)選び方

選び方

一般車向けのTANGE ( 丹下 ) FORK with Bracket 27 inch (ホーク ブラケット付 27インチ) シルバー【フロントフォーク】【その他フロントフォーク】は、ダイナモライトの台座がついています。炎天下に放置され、雨にもさらされていることの多い一般車。鉄の腐食は進みます。中でもフロントフォークがもし走行中に曲がったりしたら大変です。すぐに操縦不可能になり、事故につながってしまうかもしれません。お買い物自転車であっても、メンテナンスや保管状況には気をつけましょう。もし、フロントフォークの一部に塗装のはがれ等を見つけた場合は、よく観察し必要があれば、フロントフォークの交換をおすすめします。とても低価格で安全を確保できます。