TAKEDA BICYCLE(タケダ自転車)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TAKEDA BICYCLE(タケダ自転車)について

自転車の町・堺から自転車を発信するタケダ自転車。長年の実績と技術の蓄積、行き届いたサービスと豊富な製品情報を誇りとしています。価格ばかりアピールする最近の自転車に疑問を感じ、「堺の自転車」に恥じない品質面に重点を置いた安心・安全な自転車作りに取り組んでいます。

TAKEDA BICYCLE(タケダ自転車)の歴史

1947年 大阪府堺市において武田商店として自転車部品販売の個人営業を開始。

特徴

タケダ自転車は主にシティサイクルを展開しています。普段のお買い物から通勤・通学に適した一般的なモデルを、お父さんから中高生の娘さんまで気に入ってもらえそうなカラー・デザインで展開しているのが魅力的です。お子様用自転車から、子ども乗せ搭載の自転車、ややスポーツタイプの自転車も展開しています。