SUZUE(スズエ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUZUE(スズエ)について

1952年からハブを製造し、高い性能を求め研究開発を続けてきたSUZUE(スズエ)。
日本のブランドとして誕生したが、2010年付近からアメリカ資本のブランドとなっている。高品質のハブを製造した経験から高い製造技術を有し、現在は台湾の工場でライダーの要求に答える高品質の製品を生産している。

SUZUE(スズエ)の歴史

1952年 鉄製ハブの製造開始。
1954年 会社設立。
1972年 軽合金ハブの製造開始。
1981年 軽合金のシールドベアリングハブの製造開始
1990年 180万セットのハブを生産し、生産のピークを迎える。
1996年 トラックレースや競輪用のハブの製造開始。
2001年 カーボン製ハブの開発。
2007年 クラシックハブの製造開始

特徴

美しい外観が特徴的なスズエのハブ。シマノ・カンパに対応するロード用カセットハブ、ボスフリー対応のハブ、トラック用のハブがあります。いずれもラージフランジでクラシカルな装い。回転性能・精度も良く、所有欲をも満たしてくれる高性能なハブを展開しています。