SHIMANO SLX

DEORE SLXはshimanoのMTBコンポーネントにおいてミドルグレードにあたります。エントリーバイクの完成車にもアッセンブルされるコンポーネントですが、基本的な設計は上位グレードのDEORE XTやフラッグシップのXTRを踏襲しています。
特に、中空アームを採用したクランクや、放熱フィンを採用したアイステクノロジー搭載のディスクブレーキ、スタビライザー搭載のリアディレイラーなど、機能性が充実しています。
そのため、コンポーネントとしてはミドルグレードに位置しますが、高いポテンシャルを持っており、XCレースからトレイルライドまでライダーの大きなアドバンテージになります。
これからMTBを始めるかたにもおすすめのコンポーネントです。

コンポーネント・パーツ

  • クランク・チェーンホイール

    中空アームを採用したSLXのクランクは剛性と軽量性の両立を狙って設計されています。また、XCやトレイルライドを含めたオールマウンテンとしての汎用性の高さを狙って、フロントダブルのラインナップも展開し、幅広いユーザーを対象としています。

  • シフトレバー

    インジケーターを採用したシフトレバーはコンパクトさを重視した設計。
    ブレーキレバーやサスのリモートが混在するハンドル周りでのスペースを確保します。
    リア変速が上位と同様に10sに対応したことで適切なギア選択が可能となりました。

  • フロントディレイラー

    トリプル・ダブルにそれぞれ対応したフロントディレイラーをラインナップ。正確なフロント変速を実現します。
    マウント方式やワイヤールーティングに合わせて数種類のモデルが用意され、ライダーのバイクに合わせてセットアップ可能です。

  • リアディレーラー

    シャドー・リアディレイラーの設計を取り入れ、ロープロファイルな構造になり障害物との接触を防ぎます。ロードバイクのリアディレイラーのスプリングよりも強いバネを採用し、、ライディング時にチェーンが暴れるのを防ぎます。

  • ディスクブレーキ

    XTRやXTに使用されるアイステクノロジーを採用、ローターやパッドの温度上昇を防ぎ確実な制動を可能とします。また、ワンウェイ・ブリーディング対応のリザーバータンクを搭載し、簡単にブリーディングを行うことが可能です。

  • ブレーキレバー

    iSpec対応モデルとなり、シフトレバーとブレーキレバーが一体型となったモデルがランナップ。
    そのためハンドル周りがすっきりとし、ライディングに集中できます。ショートストロークとなりコントローラブルながらも、制動力を向上させています。

さらに上位グレードへ

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ エックスティー)

shimanoのMTBコンポーネントのセカンドグレードに当たるDEORE XTはコストパフォーマンスに優れ、多くのトップライダーを始め、ホビーライダーからも愛用されています。
XTRに採用される機構のフィードバックを受けることで機能性・軽量性・耐久性を両立しながらも、多くのユーザーに使用してもらために価格を抑えたラインナップになっています。
ディスクブレーキのアイステクノロジーや、RDのスタビライザー機能、ホイールのチューブレス対応設計、フロントダブルのクランクのラインナップなど、XTRに追従する機能性を持ち合わせています。
コンポーネントのグレードアップを考えているライダーの方におすすめです。

PARTS&ACCESSARY

SHIMANO SLX(シマノ エスエルエックス)その他のカテゴリーもチェック