SIDI(シディ)サイクルシューズを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SIDI(シディ)サイクルシューズの詳細なカテゴリ

SIDI(シディ) サイクルシューズの特徴・選び方

SIDI(シディ)特徴

特徴

モーターバイクのブーツとサイクリングシューズを製造するSIDI シディは、プロ選手の着用率が高いブランドです。チームが他のシューズメーカーと契約していると、SIDI シディの名前を消して履く選手もいるほどです。ラチェット式のベルトと、前方は2本のベルクロでフィット感を高めるジェニウスシリーズは大ヒットしました。モデルチェンジも早く、マイナーチェンジを重ねて良いものを作り上げていくSIDI シディの姿勢はどこか、カンパニョーロに似ています。

SIDI(シディ)選び方

選び方

トップモデルはSIDI シディ 2014年モデル WIRE SP Vernice ワイヤーSP ヴェルニーチェ【サイクルシューズ】で、足首と甲をワイヤーで締め付ける今主流のモデル。他社がワイヤーで締める部品をBOA社の物を採用しているのに対して、SIDIはオリジナルパーツです。このパーツはラチェット式ベルトで締め付けるのが主流のころから存在する実績のあるパーツです。ベルクロとちがって機械ものは、レース当日になって壊れたなんてこともありえなくもないのです。そこで、実績のあるワイヤーパーツは安心なのです。もしもの時にも安心なスペアパーツも販売していて、備えは万全です。ソールはカーボンなので、ダイレクト感は申し分ありません。