SHIMANO(シマノ)サイクルシューズを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SHIMANO(シマノ)サイクルシューズの詳細なカテゴリ

SHIMANO(シマノ) サイクルシューズの特徴・選び方

SHIMANO(シマノ)特徴

特徴

ライダーの足にあったシューズ作りを目指すshimanoですが、その究極としてshimano独自のカスタム・フィットがあります。ライダーの足にあったサイズのシューズを選ぶのは再前提ですが、それに加えてシューズとシューズのソールを熱整形することで、さらにライダーの足の形に合わせていきます。またshimanoでは、オフロード用のSPDの他に、通気性に優れたトライアスロンモデルなど、用途に合わせてシューズを選ぶことができます。最近では、着脱が容易で歩くことに着目したCLICK'Rシリーズもラインナップされており、スポーツとしてだけでなく、日常生活でも活躍するシューズが増えています。

SHIMANO(シマノ)選び方

選び方

ロードレースで使用する場合には、軽量でソールの剛性が高いシューズを使うことでペダリングの伝達ロスが少なくなります。現在では、ソール面にカーボンを使用したモデルが多くなってきており、大きなアドバンテージとなります。一方、ツーリングや市街地での移動など、歩くことを前提としている場合には、MTB用のSPDシューズのようなモデルがおすすめです。また、SPDシューズの中でも、MTBにおいてクロスカントリーやトレールと言ったシーンで使う際には、スパイクの有無にも注意すると良いでしょう。

SHIMANO(シマノ)ロード用

ロード用

一般的にロード用のビンディングシューズは歩くことを前提としていないため、普段の生活に使用するには不便ですが、その分軽量化やソールの高剛性化に貢献しています。ロードシューズのエントリーモデルには、ナイロンソールが使用され、ソールが比較的柔らかく、シューズ内のクッションも厚めに作られているため履きやすく、初めてロード用シューズを使用する場合にはエントリーモデルから選ぶ方が良いでしょう。一方、上位グレードではソールの剛性を上げるためにカーボンソールを採用し、軽量化のためにシューズ内のクッションも薄く作られています。その分シューズの中に遊びが無いため、上位グレードのシューズほど、自分の足と合っていることが重要になります。ただし、自分のシューズと合ったときには大きなアドバンテージになります。また、同じshimano(シマノ)のシューズでサイズが同じでも、モデルによって少しずつ設計が異なるため体感的なサイズが異なります。そのため、シューズを選ぶときには注意が必要です。

SHIMANO(シマノ)MTB用

MTB用

MTBのレースやシクロクロスなど、バイクから降りて走ったり担いだりすることを想定されているオフロード競技では、歩きやすさを考えてシューズが作られています。そのため、日常生活にビンディングペダルを導入する場合には、このMTB用モデルがおすすめです。MTBモデルもエントリーモデルはソールがラバーやナイロンソールで出来ており柔らかく、非常に歩きやすいモデルであると言えます。そのため、市街地の移動や長期のツーリング、グルメライドなどに最適であると言えます。上位グレードはレースでの使用を想定されており、軽量化や高剛性化を考えてカーボンソールや薄い生地が使われています。MTBのエンデューロレースやシクロクロスなどのレースに最適なモデルと言えます。また、上位モデルにはスパイクを取り付ける機構があり、オプションでスパイクやプラグを付けることができます。