SERFAS(サーファス)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SERFAS(サーファス)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

SERFAS(サーファス) タイヤ・チューブの特徴・選び方

SERFAS(サーファス)特徴

特徴

1993年にSERFAS(サーファス)ブランドは誕生しました。当初は、サドルの開発からスタートしましたが、現在では様々なバイクパーツをラインナップしています。バイクシューズからタイヤ、チューブ、ブレーキパッドなど、細かな部品までSERFAS(サーファス)は、ユーザーの立場に立って製品開発を行っています。誰もが楽しめるサイクリングを、もっと身近に感じられる、お求めやすい価格設定になっています。

SERFAS(サーファス)選び方

選び方

ロングライフで、耐パンク性能が高いSERFAS サーファス SECA セカ【ロード用タイヤ】【クリンチャー】。低価格ながら、非常に高い性能を持っています。センタートレッドの低い転がり抵抗や、コーナーリングが安定するサイドトレッド。2種類のトレッドで、走りに死角がありません。COOLなロゴや、8色のサイドラインで足回りをキリッと引き締めます。シクロクロストレーニングに最適なSERFAS (サーファス) CYCLO ROAD (シクロロード) 700×35C【シクロクロス用タイヤ】【クリンチャー】。アンチパンクプロテクターを装備していて、トレーニング中のパンクリスクを最小限にしています。通勤にぴったりのSERFAS サーファス TUONO HYBRID HHP-3【クロス・ツーリング用タイヤ】【オンロード】は、転がり抵抗が非常に低いスリックを採用しています。太目のタイヤで乗り心地良く、低抵抗な通勤を楽しめます。