SCOTT(スコット)カーボンフレームを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SCOTT(スコット) カーボンフレームの特徴・選び方

SCOTT(スコット)FOIL

FOIL

SCOTTにおけるエアロフレームの代名詞となるバイク。最近のエアロフレームと比較するとシルエットはオールラウンドなフレームに見えるが、エアロフレーム特有の横剛性不足を視野に入れた、マッシブなパイプで構成されていると言える。専用のRITCHEY製のシートポストを採用しており、エアロフレームらしさが垣間見える。コンポーネントやカーボンのグレードによってグレード分けされており、ライダーの希望ごとにバイクアッセンブルが可能である。

SCOTT(スコット)ADDICT

ADDICT

SCOTTにおけるヒルクライム向けのフレームである。ヒルクライムにアドバンテージに働く軽量・高剛性にポイントを当てたフレーム。軽量性のために、専用のシートピラーではなく一般的な27.2mmのサイズを採用しており、ライダーが好みのシートピラーを選ぶこともできる。また、高剛性を狙ったフレームでもあるため、硬いフレームを探しているライダーに最適である。

SCOTT(スコット)SOLACE

SOLACE

SCOTTにおけるエンデュランス・ロングライドに焦点を当てたフレームである。柔らか目のフレームであり、アップライドなポジションを取りやすいフレームジオメトリーを採用し、快適性を追い求めたモデルとなっている。

SCOTT(スコット)CR1

CR1

昔のSCOTTのフラッグシップであるが、最近になってジオメトリーや設計を見直されたモデルである。当時は軽量バイクの代名詞にもなっていた。現在のSCOTTのモデルの中ではオールラウンドの位置づけになるバイクである。古くからSCOTTにラインナップされており、歴史があるバイクと言える。