SCHWALBE(シュワルベ)シクロクロス用タイヤを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SCHWALBE(シュワルベ)シクロクロス用タイヤの詳細なカテゴリ

SCHWALBE(シュワルベ) シクロクロス用タイヤの特徴・選び方

SCHWALBE(シュワルベ)特徴

特徴

100年以上の歴史を持つSCHWALBE (シュワルベ)は、ドイツに本拠地を置く老舗タイヤブランド。フランス、イギリス、イタリア、オランダ、アメリカ/カナダに子会社を持ち、グローバルに展開しています。近年のアメリカ国内でのシクロクロス人気は、世界選手権を開催するまでに至り、これからも成長が期待できるカテゴリーとして注目されています。そのアメリカにSCHWALBE NORTH AMERICAはあります。レース現場と近いことで、生の情報がすばやく伝達され、すぐさま製品に反映され最新のシクロクロスタイヤが作られています。

SCHWALBE(シュワルベ)選び方

選び方

シクロクロスといえば、やはりチューブラータイヤが断然有利です。しかし、製造に手間がかかることと、注目の競技とはいえ、まだまだ市場の小さいシクロクロスチューブラータイヤ。製造しているメーカーは多くありません。そんな中、SCHWALBE (シュワルベ)はRACING RALPH(レーシングラルフ)という高級チューブラーをリリース。いままでにない、ブロックパターンはシクロクロッサーには新鮮に映るでしょう。またサイドスキンの多いシクロクロスチューブラータイヤの中で、サイドブラックなのでカーボンディープリムとの組み合わせで、より精悍さを増すことでしょう。