SHIMANO SAINT

SHIMANO SAINTシリーズはMTBのダウンヒルなどのエクストリーム用コンポーネントとして誕生しました。
極限状態でのライディングにおいて、ライダーのアドバンテージとなるように設計されています。
ダウンヒルにおいて重要な高い耐久性と操作性の高さを両立するために、メイン素材にアルミ合金を採用して耐衝撃性も高めています。
ハードなライディングにおいて、ドライブトレインの破損を防ぐために、ディレイラーにはシャドー構造よりもさらにロープロファイルになるよう設計し、無理なフロント変速を排除したフロントシングル機構など、SHIMANO SAINTとしてのハードユースを想定した設計思想が伺えます。
モデルチェンジしたSAINTにはエルゴノミックなデザインが積極的に取り入れられ、ブレーキレバーのアジャストやストロークなど、ライダーの好みやフィーリングに合わせた微調整が容易になり、実際にコースをフリー走行してからの調整も可能になりました。
高速で激しく荒れた路面を駆け降りるダウンヒルで求められるのはライダーの一瞬の判断であり、SAINTはそのサポートをします。

コンポーネント・パーツ

  • クランク・チェーンホイール

    エクストリームスポーツであるダウンヒルに対応して設計されたクランク。非常に頑丈な作りにより局所的に高トルクにも耐えうる仕様になっています。
    他のSHIMANOのクランクと同様Hollowtech狭渋い鮑陵僉BB規格は同じです。高いシールド性と滑らか回転性能の持続性を持ちます。

  • シフトレバー

    他のMTBコンポーネント同様に2ウェイリリース可能なため、シフトアップ・ダウンがスムーズに行えます。
    すべり止め加工がなされ、エルゴノミック形状により握りやすい設計になっています。
    ブレーキシステムと一体型であるiSpec設計モデルもラインナップされています。

  • ブレーキレバー

    シビアなブレーキングが要求されるダウンヒル。
    SAINTではフリーストローク調整可能なため、ライダーのフィーリングに合わせブレーキタッチの微調整が可能。
    また、変速システム一体型のiSpecもラインナップされ、スムーズなブレーキングとシフティングが可能です。

  • リアディレーラー

    シャドーリアディレイラーよりもロープロファイルな設計を採用。岩や木などの障害物がディレイラーを破損させるリスクを軽減しています。
    スタビライザー機構を搭載し、ハードなライディング時もチェーンが暴れるのを防ぎ確実な変速を可能としています。

  • ディスクブレーキ

    放熱フィンを採用するだけでなく、三層構造のアイステクノロジーを搭載したローターによってブレーキキャリパー回りの熱を放出。安定したブレーキングを可能とします。
    ダウンヒルに特化した203mmの大きなローターをラインナップし、圧倒的な制動力を発揮します。

  • ハブ

    フロントはスルーアクスルを採用した専用設計のハブで、フロント周りの剛性を確保します。
    リアもスルーアクスル方式が多数ラインナップされ、安定した走りをサポートします。
    カップ&コーン規格のベアリングを採用し、メンテナンスが容易でありながら、耐久性も高くハードユースに向いています。

PARTS&ACCESSARY

SHIMANO SAINT(シマノ セイント)その他のカテゴリーもチェック