RIXEN KAUL(リキセンカウル)フロント・ハンドルバーバッグを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIXEN KAUL(リキセンカウル) フロント・ハンドルバーバッグの特徴・選び方

RIXEN KAUL(リキセンカウル)特徴

特徴

クイックリリースシステムで有名なRixen&Kaul(リクセンカウル)は、よりユーザーにマッチした安全でハイクオリティな製品を作るため、他の模倣ではないオリジナリティを追求してきたドイツのメーカーです。手の届くフロントには頻繁に使用するものを収納するため、取り出しやすい内・外ポケットを備えています。簡単なアダプターで着脱に手間取ることもありません。

RIXEN KAUL(リキセンカウル)選び方

選び方

1.5Lの小さいものから9Lの大きいものまで用途に合わせてお選び頂けます。Allrounder Touring(オールラウンダーツーリング)は上部に地図を広げてのツーリングが可能で、内部の仕切りによりいつでも荷物が取り出しやすい大容量のフロントバッグです。自転車にお乗りにならないときでもショルダーバッグやハンドバッグとしてお使い頂けるカジュアルなデザインのモデルは女性に人気です。