RITCHEY(リッチー)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

RITCHEY(リッチー)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

RITCHEY(リッチー) タイヤ・チューブの特徴・選び方

RITCHEY(リッチー)特徴

特徴

トム・リッチーと言えば、斬新なアイディアでフレーム製作から、パーツまでを手掛けてきたブランド。そのブランドイメージは高い品質と深い信頼そのものでしょう。マウンテンバイク草創期からのブランドで、新しい規格が次々に生まれてた時代でも、一切無駄を省き、シンプルにこだわる姿勢が多くのファンを引きつけました。パーツ・タイヤ類においても、リッチーロジックは浸透していて、ハンドルやステム、シートポストは今でもトッププロチームへのサポートし、レーサーの厳しい要求に対応しています。

RITCHEY(リッチー)選び方

選び方

MTBの印象が強いですが、ヘンリック・ジャルニスが世界選手権で2連勝を納めるなど、リッチーはシクロクロスでも輝かしい戦績をもっています。シクロクロスクリンチャータイヤのSPEED MAX CROSS PRO (スピードマックスクロスプロ)は、転がり抵抗が少なく、ドライコンディションなら登りでも、全く問題なくグリップします。チューブラーが主流のシクロクロスですが、メンテナンス性がはるかに高いクリンチャーは魅力です。完全なスリックタイヤで、究極のレースタイヤのRACE SLICK WCS (レーススリックWCS) は、無駄をそぎ落とした渾身の一品です。