RITCHEY(リッチー)トライアスロン/TT用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

RITCHEY(リッチー)トライアスロン/TT用の詳細なカテゴリ

RITCHEY(リッチー) トライアスロン/TT用の特徴・選び方

RITCHEY(リッチー)特徴

特徴

トム・リッチーと言えば、斬新なアイディアでフレーム製作から、パーツまでを手掛けてきたブランド。そのブランドイメージは高い品質と深い信頼そのものでしょう。マウンテンバイク草創期からのブランドで、新しい規格が次々に生まれてた時代でも、一切無駄を省き、シンプルにこだわる姿勢が多くのファンを引きつけました。急成長したMTB業界からは、次々と新しい構造や規格が生まれました。サスペンションやオーバーサイズヘッドなど、それまでにはない新鮮なものでした。しかしリッチーのアイディンティティは「軽さと強度」。このテーマは実はタイムトライアルという競技にも深く関係するものでした。

RITCHEY(リッチー)選び方

選び方

自分自身との勝負、ぎりぎりの心拍数の中で読むライン取り。タイムトライアルは、無駄な動きは即敗北を意味します。WCS Carbon Interval TT (WCSカーボン インターバルTT)は、最高の剛性と軽量を持ち合わせたタイムトライアルハンドルです。 WCS EXTENSION BAR (WCSエクステンションバー) Sベンドなどと組み合わせて使用します。最近ではベースバーとエクステンションバーが一体のモデルも各社から出ていますが、リッチータイムトライアルハンドルバーシステムは幅広い調整が可能なので、おすすめです。