REYNOLDS(レイノルズ)チューブレス非対応を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

REYNOLDS(レイノルズ)チューブレス非対応の詳細なカテゴリ

REYNOLDS(レイノルズ) チューブレス非対応の特徴・選び方

REYNOLDS(レイノルズ)特徴

特徴

reynolds(レイノルズ)は、1898年、英国バーミンガムで設立され、自転車フレーム制作を開始しました。そのフレーム材を採用したバイクはツール・ド・フランスを27回もの優勝に導き、reynoldsチューブは世界中にその名をとどろかせました。その後もカーボンフォークやホイールなど、多くのアスリートたちへ提供されています。reynoldsのクリンチャー用ホイールチューブレス非対応タイプは、ホイールの振れを減少させるためのエアロ加工を施し、プロ選手によるテストライディングでもすばらしい結果を残したモデルなどが揃っています。リムには、CTGウルトラライトラミネートを採用し、より軽量化を実現しています。

REYNOLDS(レイノルズ)選び方

選び方

reynoldsのクリンチャー用ホイールチューブレス非対応タイプは、素材にカーボンを用いたものが人気です。シマノ用フリーに対応したモデルとしてお選びいただけます。また、ロードやシクロクロスなどの走りが楽しめるコストパフォーマンスの良いタイプが揃っています。