REYNOLDS(レイノルズ)ホイールを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

REYNOLDS(レイノルズ)ホイールの詳細なカテゴリ

REYNOLDS(レイノルズ) ホイールの特徴・選び方

REYNOLDS(レイノルズ)特徴

特徴

イギリスに本拠地を置くReynolds(レイノルズ)の創業は1898年と非常に古く歴史あるブランドです。設立当初は、スチールフレームのチューブとフレーム供給が主なプロダクトでした。その高性能チューブは、数々の輝かしい戦績を残しています。アルプス、ピレネーを超え、パリではポディウムの頂点にまで上り詰めました。その技術と自転車にかける情熱で、技術革新は止まることなく現在主流のカーボン素材を使用したパーツ開発を行い、すでに高い評価を受けています。

REYNOLDS(レイノルズ)選び方

選び方

カーボン素材の様々なノウハウを持っているREYNOLDS (レイノルズ)が、リリースするホイール、 FORTY SIX / SIXTY SIX TUBULAR (フォーティーシックス/シックスティーシックス チューブラー)【ロードバイク用ホイール(エアロリム)】【チューブラー専用】。やはりカーボンホイールはチューブラーで使用するのが、もっともカーボンである恩恵を受けられるでしょう。フロントが44个妊螢△66个伐Iの影響と、エアロ効果をバランスよく考えたリムハイトになっています。ペアで1311gと非常に軽量に仕上がっています。手軽にREYNOLDS (レイノルズ)ホイールを楽しめる Solitude CLINCHER (ソルティテュード クリンチャー)【ロードバイク用ホイール(エアロ)】【クリンチャー用(チューブレス非対応)】。スポークはDTを使用し、戦闘能力十分です。