Raleigh(ラレー)スローピングを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raleigh(ラレー) スローピングの特徴・選び方

Raleigh(ラレー)特徴

特徴

体調を崩したFrank Bowdenが、友人に勧められたサイクリングによって劇的に快復したことがきっかけとなり小さな自転車工房を買い取りました。100年以上の歴史があるRaleigh(ラレー)は、伝統的な自転車作りにとどまることなく新しい技術を取り入れることにも熱心です。トップチューブが下がるスローピングは重心が低くなるため力が入りやすく、ダンシングも軽くなります。

Raleigh(ラレー)選び方

選び方

リヤ10段のTIAGRAをベースにライディングポジションの変化に合わせた曲がりの浅いハンドルが採用され、SHIMANO105のデュアルコントロールレバーがより活かされる設計となっています。