Raleigh(ラレー)シティーコミューターを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raleigh(ラレー) シティーコミューターの特徴・選び方

Raleigh(ラレー)特徴

特徴

体調を崩したFrank Bowdenが、友人に勧められたサイクリングによって劇的に快復したことがきっかけとなり、小さな自転車工房を買い取りました。ハンドルボジションの高いシティーコミューターは街中でも乗りやすい28c〜38cの太いタイヤを装備し、安定感とスムーズな走りの両立を可能にします。

Raleigh(ラレー)選び方

選び方

スタイリッシュなカラーリングとダブルレッグセンタースタンドによる安定した駐輪は街乗りに最適です。アルミによるしっかりしたフレームに太目のタイヤを合わせることで、でこぼこ道でも乗り手に負担をかけさせません。クラシックな英国製ブルックス革サドルには使い始めの堅さを和らげるためのオリジナル加工を施し、乗れば乗るほど味わいのある自転車となっています。