QBEI(きゅうべえ)ロードバイク・ロードレーサーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ライト

自転車のライトには様々な種類があります。種類だけではなく、電球、電源も多種多様なモデルが出ています。 夜間安全に走行する為にはなくてはならないものです。自分の安全はもちろん他人のことまでしっかり考えてライトをつけて夜間は走行していただきたいです。 サイクル用ライト

ライトの明るさの表記

明るさの単位の表記がメーカーによって異なることはよくあります。
代表的な単位についてここで解説していきます。

明るさの単位の図
cd(カンデラ)
ライト本体の光度。ライトを正面から見た時の光の強さ。
値が高ければ高いほど被認知性が上がる。
lm(ルーメン) ライトから出る光の量。値が増えれば光の量が増えることになるので、明るい。
最近はルーメン表記のメーカーが増えている。
lux(ルクス) ライトで照らされた場所の明るさ。

サイクル用ライトの詳細なカテゴリ

ヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライトは主に「前照灯」言われるものになります。暗い夜道を明るく照らしてくれるものになります。

フラッシング

フラッシング

フラッシングライトは、点灯・点滅し他者に自分の存在を知らせることができ、事故防止につながります。
自転車の前方に取り付けるタイプと、後ろに取り付けるタイプがございます。

※注意
フラッシングライトのみ使用して夜間を走行すると、道路交通法違反に問われる可能性があります。
あくまでも事故防止用としてお使いください。

アクセサリ

アクセサリ

ライト取付け用のマウントや補修パーツなどになります。

リフレクタ

リフレクタ

リフレクタは他のライトに反射して光るのもになり、気づいてもらうためのものになります。

サイクル用ライトのおすすめブランド

Blackburn(ブラックバーン)

Blackburn(ブラックバーン)は、創業以来、新しいアイデアによる高品質の製品を創り続けています。そして、ライダーたちが信頼を寄せる数々の製品は、ブラックバーンの伝統的開発スピリットにあります。ライト・ポンプ・ロック・ボトルケージ・フェンダー・キャリア・バッグなどのアクセサリ商品を主に展開しています。洗練されたデザインで、愛車にスマートな印象を与えます。ライトは、充電式のライトからボタン電池式のライトまでラインナップがあります。また、リア用のライトも充実しており、フロントライトとセット販売になっている「コンボセット」は当店でも多くご注文いただきます。

CAT EYE(キャットアイ)

CATEYE(キャットアイ)は、1954年設立の日本のメーカーです。リフレクターやライト、サイクルコンピュータなどを主に製造しています。それらの製品を通じて、ライダーの、健康で安全かつ快適な自転車ライフをサポートしています。キャットアイの製品は、世界中のサイクリストに愛用され、高い評価を得ています。ライトは、街頭の無い真暗闇でも走行できるハイパワーライトから街中で使用するライト、自分自身の身を守るだけでなく、他の人にも存在をアピールできるテールライトまで、用途に合ったライトをラインナップしています。ブラケットなどのスモールパーツの入手が容易なのも国内メーカーならではの魅力です。

Owleye(オウルアイ)

Owleye(オウルアイ)は、明るいエコライトを展開するライトのブランドです。文房具やクリップ類の生産をしていた創業者は、より環境に優しい企業でありたいという願いから、高性能ソーラーパネルを搭載したOwleye(オウルアイ)ブランドを2002年から立ち上げました。会社設立以来、環境への負担を最小限に抑える商品開発を続け、生産をすべて自社で行い、徹底した環境性能、品質、サービスの向上を目指しています。