PARK TOOL(パークツール)クランクを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARK TOOL(パークツール) クランクの特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

1963年以来、アメリカをはじめ世界中のサイクリストに自転車ツールを提供してきたPARK TOOL(パークツール)。特許技術を活かした300にも及ぶ製品が効率の良いサイクリングライフをもたらします。脚の力を全て受け止めるクランク周りは精度と強度が必要になります。握りやすいグリップで確実に締め、最高のペダリングをサポートします。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

両頭式のナットレンチはどちらのチェーンリングナットにもお使い頂けます。角型のBBシャフト用クランクプーラーはネジの深いクランクにも便利で、ビニールコーティングされたグリップが滑りを防止します。フレキシングボルト用の14mmソケットに8mmの六角レンチを組み合わせた便利なレンチやヘッドのみのクランクプーラーなど、ツールケース内のスペースを節約でき余計な散らかりをなくします。