PARK TOOL(パークツール)クリーニングキットを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARK TOOL(パークツール) クリーニングキットの特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

1963年以来、アメリカをはじめ世界中のサイクリストに自転車ツールを提供してきたPARK TOOL(パークツール)。特許技術を活かした300にも及ぶ製品が効率の良いサイクリングライフをもたらします。パーツの汚れを確実に素早く落とし、自転車の性能を最大限引き出します。細かい部分まで手入れが行き届き、安全で美しい自転車を保ちます。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

チェーンやフリーホイール、チェーンリングなどを洗浄するクリーナーは出口のスポンジにより1つで拭き取りまで行い、マグネットでブラシ類を集めておくことも可能です。溝の汚れを確実にかき出せるGear Clean Brush(ギアクリーンブラシ)は、しっかりしたナイロンブラシとパーツを傷付けないための樹脂製の歯でディレーラーやスプロケット、チェーンの動きを滑らかにします。