PARK TOOL(パークツール)その他ケミカルを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARK TOOL(パークツール) その他ケミカルの特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

1963年以来、アメリカをはじめ世界中のサイクリストに自転車ツールを提供してきたPARK TOOL(パークツール)。特許技術を活かした300にも及ぶ製品が効率の良いサイクリングライフをもたらします。精密な自転車パーツを保護し、長く使用できるようにするためのアイテムです。摩擦による変化の起きやすい金属パーツにお使い下さい。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

Anti-Seize Compound(アンチシーズコンパウンド)はBBやシートポスト、ステムといった金属が強く擦れあう部分に塗布し、金属の摩擦によって起こる焼付きを防ぎます。特に金属系フレームに有効です。切削油は切削加工時の摩擦や発熱を減らして工具を長持ちさせるのに役立ちます。チタンとマグネシウム以外の金属にお使い頂けます。