PARK TOOL(パークツール)携帯ポンプを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARK TOOL(パークツール) 携帯ポンプの特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

1963年以来、アメリカをはじめ世界中のサイクリストに自転車ツールを提供してきたPARK TOOL(パークツール)。特許技術を活かした300にも及ぶ製品が効率の良いサイクリングライフをもたらします。ライディング中のアクシデントに対処するため、距離の長短に関わらず常にポンプを携帯することをおすすめします。しっかりしたアルミ製で米式・仏式にお使い頂けます。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

Frame Pump(フレームポンプ)はヘッドチューブとシートチューブを支えとして装着する独特なデザインで、フレームサイズに合わせて長さを調節できるためあらゆる自転車にフィットします。わずか170gの超小型のMicro Pump(マイクロポンプ)はポケットにも収納でき、どこへでも持ち運べる手軽さが魅力です。グリップが垂直に持ち上がるため素早く補充することができます。