NITTO(ニットー)ミニベロ/フォールディング用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

NITTO(ニットー)ミニベロ/フォールディング用の詳細なカテゴリ

NITTO(ニットー) ミニベロ/フォールディング用の特徴・選び方

NITTO(ニットー)特徴

特徴

株式会社 日東は創業大正12年という老舗ブランド。高精度なハンドルを製作しています。海外メーカーのような派手さはありませんが、堅実で日本のものづくりの魂を感じる製品作りで根強い人気があります。ハンドルというサイクリストにとって非常に重要なパーツは、左右のねじれや高さが狂っていると、走りに直接影響してしまいます。競技用のハンドルだけでなく、さまざまな自転車のハンドルをラインナップしています。

NITTO(ニットー)選び方

選び方

おしゃれな自転車として人気のミニベロ。そのとりまわしの良さや、小径ならではの踏み出しの軽さで、シティライドにはぴったりの一台です。フラットバーでもドロップバーでも、どちらでも違和感が無いので、お好きなほうをお選びいただけます。NITTO (日東/ニットー) DROP BAR for ROAD RACE (ロードレース用ドロップバー) M196STIは、シルバーなのでクラシック感を出したい方にはお勧めです。NITTO (日東/ニットー) ALL-ROUND HANDLE BAR (オールランダー バー) B2500AAの重量はわずか190g。軽量化にも大きく貢献してくれます。待ち乗りメインならフラットバーの方が、使い勝手がいいかもしれません。