MINOURA(ミノウラ、箕浦)700×〜21cを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MINOURA(ミノウラ、箕浦) 700×〜21cの特徴・選び方

MINOURA(ミノウラ、箕浦)特徴

特徴

Minoura(ミノウラ)は1933年に創業を開始し、すでに80年以上の歴史を持つ日本の自転車業界の老舗です。創業当初は輸出向けのキャリア・スタンドの生産を行っていました。今は、組立調整用のワークスタンド、ボトルゲージ、アクセサリ、そしてトレーニング用の機器を開発・販売を行うようになっています。サイクルトレーナーを扱う企業として有名です。

MINOURA(ミノウラ、箕浦)選び方

選び方

ロード用トレーニングタイヤにはDualistというモデルが準備されています。屋内でのローラーによるトレーニングでは普通、騒音が気になるものです。しかしこのモデルは27tpiのケーシング構造を採用していますので、騒音をできる限り抑えることができます。また、タイヤの交換をすることなく、そのまま屋外の路面を走ることも可能です。