MINOURA(ミノウラ、箕浦)ワークスタンドを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MINOURA(ミノウラ、箕浦) ワークスタンドの特徴・選び方

MINOURA(ミノウラ、箕浦)特徴

特徴

MINOURA(ミノウラ)は、1933年に荷台・スタンドのメーカーとして設立された日本のメーカーです。1985年に世界で最初の一般向けワークスタンド(自転車整備台)「W-1」を、そして1989年にはこれも世界で最初の永久磁石を利用したトレーナー(室内練習機)「マグターボ」を開発し発売しました。現在は、ローラー台を始めとするサイクルトレーナーやキャリア、キックスタンド、ワークスタンド、室内や車内での使用を目的としたディスプレイスタンド、その他アクセサリー等を展開しています。ワークスタンドは、フレームクランプ式のものから、三脚を強化したタイプのもの、実際に乗車出来、展示用としても使用できるタイプのものなどがあります。体の姿勢に負荷をかけず、素早く、確実な自転車整備をサポートします。