MICHELIN(ミシュラン)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

MICHELIN(ミシュラン)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

MICHELIN(ミシュラン) タイヤ・チューブの特徴・選び方

MICHELIN(ミシュラン)特徴

特徴

ロード用タイヤで有名なミシュランです。ハイエンドモデルからエントリーモデルまでラインナップされており、トッププロからビギナーまで幅広いライダーに使用されているメーカーです。昔のロードレーサーではタイヤとチューブが一体化したチューブラータイヤが一般的でしたが、現在ではタイヤとチューブを別々に取り扱うクリンチャータイヤが一般的になってきました。この、クリンチャーへの流れを作り出したのがミシュランと呼ばれています。現在のミシュランは、チューブラー・クリンチャーともにラインナップしており、どちらも高い性能を持っています。

MICHELIN(ミシュラン)選び方

選び方

ミシュランのハイエンドモデルでは、他のメーカーと比較した際に軽量性はもちろん、グリップ力の高さが飛びぬけています。そのため、高いグリップ力を必要とするウェットコンディションのレースや、高速コーナーの多いクリテリウムに向いています。また、ミシュランのタイヤはカラーバリエーションが非常に豊富であり、バイクのカラーリングに合わせることができるため、非常に人気でもあります。

MICHELIN(ミシュラン)PROシリーズ

PROシリーズ

michelin(ミシュラン)がラインナップするロードタイヤのハイエンドモデルである「PRO」シリーズです。最近ではこのPROシリーズの中にも用途に合わせて少しずつ性格が異なるタイヤがラインナップされています。例えば、オールラウンドに使えるSERVICECOURSE(サービスクルス)を始めとして、グリップ性能を高めたGRIP(グリップ)、耐久性を兼ね備えたENDURANCE(エンデュランス)など、様々な種類があります。また、ロードレーシングタイヤとして欠かせないチューブラータイヤも用意されているため、カーボンホイールなどでもミシュラン独特の高いグリップ性能を確かめることができます。また、カラーバリエーションが多いのが特徴で、バイクのカラーに合わせやすいのもメリットであると言えます。

MICHELIN(ミシュラン)LITHION

LITHION

ミシュランのクリンチャータイヤにおいてミドルグレードにあたり、耐久性に性能を振ったタイヤであるLITHINON(リチオン)です。ハイエンドモデルのPROシリーズは高いグリップ力が大きな特徴ですが、その分摩耗も早いのが唯一の欠点です。そのため、普段の通勤や通学、トレーニングにおすすめのタイヤと言えます。ミドルグレードと言えど、高いグリップを持っておりオールマイティーに使える万能なタイヤと言えます。