MASI(マジー/マジィ)(パーツ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MASI(マジー/マジィ)とは、イタリア人のフレームビルダー Faliero Masi が1949年に立ち上げたイタリアの中でも歴史のある老舗ロードブランドです。
彼が作り出すクロモリフレームは、世界最高峰のロードレースである ツール・ド・フランス や ジロ・デ・イタリア にて数々の勝利を挙げました。また、オリンピックにおいても輝かしい成績を収め、MASIのバイクには、今でも世界NO1の称号であるアルカンシェルカラーが施されたデザインのデカールが貼られています。事実、1950年〜70年代は、MASI=チャンピオンバイクの称号を得る事に成功し、Aldo Bini, Fausto Coppi, Fiorenzo Magni, Alfredo Martini, Luison Bobet、Eddi Merckx, Rick van Looy, Felice Gimondiなど、数々のチャンピオンがMASIのクロモリバイクに乗り勝利してきました。まさに、トップライダー達の憧れのブランドであり、彼の作り出すクロモリバイクに魅了しました。
現在、MASIは、伝統のクロモリフレームは継承しつつ、時代に合ったバイク作りを心掛けており、最高級カーボンフレームの3VCシリーズを筆頭に、中級モデルのGRAN CORSAや、入門用のALARE、クラシック・クロモリラインのSPECIALEシリーズなど、多彩なラインナップで幅広いユーザーから世界中で支持されています。