MASI(マジー/マジィ)ミニベロ/折りたたみ自転車を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

MASI(マジー/マジィ)ミニベロ/折畳自転車の詳細なカテゴリ

MASI(マジー/マジィ) ミニベロ/折畳自転車の特徴・選び方

MASI(マジー/マジィ)特徴

特徴

MASI(マジー)のミニベロもクロモリフレームを採用したモデルがラインナップされます。細見のパイプに小径ホイールを採用したバイクのシルエットには惹かれるものがあります。また、MASI(マジー)のミニベロはハンドルがドロップハンドルかバーハンドルか、シングルギアがギアード(変速機能付き)かでモデルが異なります。それぞれメリットがありますが、使用するシーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

MASI(マジー/マジィ)選び方

選び方

MINIVELO DUE DROPに見られるように、ドロップハンドルが採用されたミニベロはロードレーサーに近いと言えます。そのため、ライディングポジションもロードよりであり、より早くスポーティーに走ることができます。さらに、週末のサイクリングやレジャーで使用する場合には、適切なギアを選べるギアードモデルが良いでしょう。一方、MINIVELO UNO RISERではバーハンドルが採用され、より安定したライディングにポイントが置かれています。MTBのようにバーハンドルの方がハンドルを切りやすく、ハンドル幅も広いため安定して走行することができるのです。そのため、ちょっとした市街地の移動に向いています。また、平坦で短い距離なら軽くてメンテナンスフリーなシングルバイクもおすすめです。

MASI(マジー/マジィ)ドロップハンドルモデル

ドロップハンドルモデル

MINIVELO DUE DROPとMINIVELOがあります。MINIVELO DUE DROPはミニベロながら短いヘッドチューブと長いフロントフォークが特徴的なバイクです。前後で20段変速であり、市街地での移動だけでなく遠出のサイクリングなどスポーティーな走りを求める方におすすめです。MINIVELOは、一般的なミニベロのように長いヘッドチューブを持ち、前三角が大きいモデルです。こちらも前後で2×9段変速となっており、アップダウンの多い土地やレジャーで使用する方におすすめです。

MASI(マジー/マジィ)バーハンドルモデル

バーハンドルモデル

MINIVELO UNO RISERやMINIVELO CAFFE RACER FLATがあります。バーハンドルの方がドロップハンドルよりも安定したハンドリングが可能です。そのため、普段着で乗ることが多い方には、こちらのモデルがおすすめです。また、どちらもフロントはシングルギアを採用していますが、MINIVELO CAFFE RACER FLATのフロントギアは小さ目に設定されています。そのため軽いギアを選択でき、こちらのモデルがおすすめです。

MASI(マジー/マジィ)シングルスピードモデル

シングルスピードモデル

MINIVELO FIXEDは、ミニベロの中では珍しく前後ともシングルスピードモデルになっています。変速機構がないため、バイクは軽量に仕上がっているので、ちょっとした階段や段差は担いで行くことができます。また、変速の調整もしなくてよいのでメンテナンス性も高いのが特徴です。