MARUNI(マルニ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

MARUNI(マルニ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

MARUNI(マルニ)について

地球の限られた資源の有効活用を基本理念に、1914年(大正3年)、自転車パンク修理材の専門メーカーとして誕生したMARUNI(マルニ)。その後、飛躍的なモータリゼーションの発展に伴い、単車、乗用車、大型トラック、建設車両のタイヤ、チューブの修理材への展開を計り、現在修理資材の総合メーカーとして、国内外から高い評価を受けています。

MARUNI(マルニ)の歴史

1914年 大阪市にてゴムの販売を創業。
1933年 タイヤ・チューブ、自転車の販売を開業。
1948年 当社を設立し、地球印のラバーセメントの製造販売を行う。
1956年 それまでパンク修理にチューブの廃品を使用していたが、パッチゴムの開発により、忽ちそれが全国的に普及しパッチゴムの使用に切り替えられた。
1960年 生産と技術部の拡大に伴い大量生産を可能にし、半数は海外に送られ、輸出貢献企業として連年大臣表彰を受ける。
1973年 自動車タイヤ業界に進出する。
1976年 砕石業界に進出する。
1987年 大型トラック、建設車両のタイヤ修理の分野に進出。
2003年 中国工場(広東省汕頭市)の操業を開始。
2008年 設立60周年を迎える。

特徴

「小さな修理材で大きなものを再生させる」を信条に、限りある資源を大切にし、後世のために効率よく活用することを提唱するMARUNI(マルニ)。国内唯一のパンク修理材メーカーとして、国内外で評価され、多くの自転車販売店でその商品の取り扱いがあります。自転車だけでなくオートバイや自動車、大型車や建設機材の修理材も手がけます。パンク修理キットは、お求めやすい価格で必要な工具が揃っているので、1つあれば自分でパンク修理を行える便利なキットとなっています。