MARUICHI(丸一金属工業)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MARUICHI(丸一金属工業)について

自転車のフレーム・完成車の製造から始まった丸一金属工業。現在は様々な金属加工・設計を行っています。現在の丸一金属工業の自転車に関する主力展開はスタンドです。以前は、実用車からスポーツ車用まで幅広く展開するキャリアや、アルミ合金製のボトル、探検用ランプクランプなども製造しており、第一次スポーツ車ブーム時には、人気の商品を多く展開していました。

MARUICHI(丸一金属工業)の歴史

1910年 大阪府東成郡平野郷町(現、大阪市平野区)において、吉村市松の個人企業にて丸一自転車製作所を始める。
1941年 軍需品生産のため、丸一製作所と改名。
1950年 生産品目を限定し、自転車用荷台、スタンドの製造に注力。
1954年 丸一製作所を発展的解散し丸一金属工業(株)を設立。
1972年 八尾工場を設立、生産部門を全面移転。

特徴

MARUICHIは主に、実用車や軽快車・シティサイクル向けのキックスタンドを展開しています。新聞配達車にも使われる、堅固でバランスにも優れる本格的なものや、左利き用のスタンド、外装変速機にも対応するスタンドなどがあります。アイデアと利便性に富んだ製品で、日常の自転車生活を安全で豊かなものにしてくれます。