LAPIERRE(ラピエール)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

LAPIERRE(ラピエール)の取扱いカテゴリ(自転車)

LAPIERRE(ラピエール)について

LAPIERRE(ラピエール)はフランスのスポーツバイクブランドで、KOGAやREDLINEといったブランドを所有するオランダのアクセルグループの一翼を担い、シマノ・ヨーロッパともより良い協力関係を築き、最良の環境の中で最先端のテクノロジーを駆使し、時代をリードした製品をリリースしています。
例えば、プロトタイプのロードバイクパーツをサポート・プロチームを介してテストするなど、レース活動と同時に機材開発の分野にも貢献しています。MTBではワールドカップダウンヒルで10回も金メダルを獲得したニコラ・ブイヨが製作に関わり、オリジナルDHバイクをリリース。また複数のチームサポートを行っており、フランスではロードバイクと同等、それ以上の人気を集めています。

LAPIERRE(ラピエール)の歴史

1946年 フランスはブルゴーニュ地方のディジョンで創業。
2002年 60年以上フランス国内での流通が主でしたが、この年よりインターナショナルマーケットに進出。地元ロードバイクチーム「フランセーズ・デ・ジュ(現 FDJ)」にバイクを供給開始。

特徴

確かなテクノロジーを基に設計されるLAPIERREのバイク。トッププロのロードレースでいくつもの勝利を獲得する本格派ロードバイクはホビーレーサーにも大変人気があります。日本国内ではロードレースでの活躍に焦点が当てられることが多く、ロードバイクのイメージが強いブランドですが、MTBにもかなり力を入れているブランドです。独自のサスペンションシステム、フレーム設計、最適なホイールサイズで、様々なMTBシーンで高いパフォーマンスを発揮。ワールドカップなどのプロレースでも数々の勝利を獲得しています。