KORE(コア)31.8mmを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KORE(コア) 31.8mmの特徴・選び方

KORE(コア)特徴

特徴

MTB業界で20年以上に渡り確かな信頼と実績を積み上げてきたKORE(コア)のパーツは、メーカーの毎年のモデルに多く採用されています。ブレーキが握りやすいフラットハンドルは街乗り用としても最適で、ライズ角をつけることで身体への負担が少なく手軽さを増します。軽量なアルミ合金によりハンドル周りの重量を抑え、強いグリップの力を受け止めて推進力に換えます。

KORE(コア)選び方

選び方

上がり角の大きいものはより上体がアップライトになり、傾斜の強い坂道でのきつい前傾姿勢をなくしてライディングを楽にします。最軽量モデルのELITE RISER BAR(エリートライザーバー)は登りを得意とし、アップダウンの多い山道や街中でも快適な走行をサポートします。TORSION RACE BAR(トージョンレースバー)はダウンヒルでも高い性能を発揮する強度の高いハンドルバーです。