KORE(コア)マウンテンバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

KORE(コア)マウンテンバイク用の詳細なカテゴリ

KORE(コア) マウンテンバイク用の特徴・選び方

KORE(コア)特徴

特徴

KOREは主にマウンテンバイクパーツを展開するパーツブランドです。高品質なパーツはプロライダーがから、高い支持を受けています。カリフォルニアの軽量シートポストのOEMメーカーとして1980年代に創業し、1993年に「KORE」ブランドを立ち上げています。軽量で耐久性が高いパーツをリリースするKOREは、堅実な作りとその高いデザインセンスが認められ、プロライダーからも厚い信頼を得ているほどです。

KORE(コア)選び方

選び方

コンプリートホイールが主流になっている現在でも、手組みホイールがなくなってしまったわけではありません。コンプリートホイールは、リムの重量が公表されていないものが多く、パーツにナーバスなライダーにとっては気になります。踏み出しの軽さは、ホイール全体の重量よりも、リム、タイヤの重さのほうが影響されやすいからです。KOREは、ハブが単体でラインナップされています。KORE (コア) TORSION FRONT HUB (トージョンフロントハブ) ホワイト&レッド【MTB用コンポーネント】【ハブ】はダウンヒルライダー向けのハブで、信頼の置けるリムを使ってホイールを組めば、タイムもあがるかもしれません。ブラック、ホワイト、レッドとカラーバリエーションが豊富で、個性あるホイールビルドが可能です。