Koga(コガ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Koga(コガ)の取扱いカテゴリ(自転車)

Koga(コガ)について

KOGA(コガ)とはオランダの総合バイクブランド。
“KOGA”のブランド名は、創業者のAndries Gaastra(同国Batavus社の創業者の親族)と彼の妻Marion Kowallikの頭文字との組み合わせであり、当初より、イタリア車に負けない良い自転車を作りたいという職人気質のもと、質のいいバイクを提供するブランド。

Koga(コガ)の歴史

1974年 レーサーモデルの生産開始。(ツーリングは1978年、トレッキングは1982年より生産開始。)
1976年 生産・開発拠点を現在のオランダ ヘーレンフェーン(アイススケート界でも有名な街)に移転。以降、多くの独創的な製品を世に送り出し続けている。
1977年 ドイツに輸出を開始、続いてベルギーなど北欧諸国、英国、米国、豪州、アジアへ展開。
1987年 西欧へ世界初の折りたたみ車とMTBを発表。
2004年 フルサスのタンデム車を世界で初めて販売。
2006年 スキルシマノをサポート開始。
2009年 ツールドフランス出場。
2011年 ブエルタ・ア・エスパーニャ ステージ優勝。

RACING & PRODUCTS

KOGAは永年に渡り、レースシーンを支えてきた。
Peter WinnenはKOGAで、オランダ人として初めてツールドフランスの表彰台のトップに立ち、2004年のアテネでは、オランダの英雄Theo Bossの銀、FrancoMarvulliの金メダル獲得を支える。2000/2004年続けて、世界で一番メダルを多く獲得した女子選手のLeontienZijlaard-van MoorselもすべてKOGAで勝負し、勝利し続けていた。2006年からは、スキルシマノ(2009年ツールドフランス出場/2011年ブエルタ・ア・エスパーニャ ステージ優勝)およびオランダナショナルトラックチーム(KNWU)のスポンサーとなっている。
そのころスタートした KIMERAプロジェクトは、オランダナショナルトラックチームでメダル量産の使命を担ったトラックレーサー開発プロジェクトである。結果、ロンドンオリンピックでは見事メダルを獲得。KIMERA ROADシリーズが、その剛性感に自信があるのはそもそもトラックレーサーの血が流れているからである。
ものづくりについては、クラフトマンシップと最新の技術に加えてレースで得た豊富なデータを基に設計。出来上がったテストフレームをオランダ社内にある設備で剛性、耐久性、耐衝撃性などを試験する。その後、数千キロに及ぶ実走行試験に入り、初めて製品化されそのマシンを選手が実践投入する。そこから初めて量産され、Handbuild by KOGA として、世界中の皆様に送り出されることとなる。