knog(ノグ)乾電池式を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

knog(ノグ) 乾電池式の特徴・選び方

knog(ノグ)特徴

特徴

KNOG(ノグ)は、オーストラリアで自転車部品のデザイン・製造を手がけている企業です。この会社は、イギリスに住んでいたHugo Davidson(ヒューゴ・デイビッドソン)がデザイン会社を立ち上げたところからスタートしました。その後、彼はオーストラリアのメルボルンに移り住み、デザイナーのMalcolm(マルコム)と、Mike(マイク)に出会います。こうして誕生したのがKNOG(ノグ)です。特徴は、機能性はもちろんながら、そのデザインです。これまでにないものを造りたい、という思いをまさに体現した製品を、KNOG(ノグ)は造り続けてきました。ライトひとつを取ってもそうです。乾電池式のヘッドライトBOOMER BATTERY FRONTは一見、独特な形状に見えますが、実際ハンドルやシートポストに取り付けると、驚くほどスタイリッシュに、かつコンパクトにピタッと収まるのが特徴です。LEDを搭載していますので、デザインだけでなく視認性もばっちり満足のいくものでしょう。