Khodaa Bloom(コーダブルーム)シティーコミューターを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Khodaa Bloom(コーダブルーム) シティーコミューターの特徴・選び方

Khodaa Bloom(コーダブルーム)特徴

特徴

現在日本で販売されている自転車ブランドは、ほとんどが海外からのものが多く、特に欧米の商品が多い状況です。体格が大きく違う欧米人と同じ自転車に乗るのは、やはり無理があります。Khodaa Bloom コーダブルーム はそこに着眼し、本当に日本人に合った自転車作りを目指しました。さらに、スポーツバイクとお買い物自転車の壁を取り払ったような、週末ライドも買い物も、一台でこなせるような自転車の形を提案しています。

Khodaa Bloom(コーダブルーム)選び方

選び方

最近では、自転車がスポーツとして意識され始めましたが、まだまだ浸透しているとは言いがたい状況です。スポーツバイクがほしくても「カゴが着けられないから」と、あきらめているユーザーも多くいます。Khodaa Bloom コーダブルーム 2013年モデル Enaf CT700 エナフCT700は、そんな声を製品化しました。泥除け、ライト、そしてカゴを装備しています。しかし、フレームやギアのドライブ関係はスポーツライドに適した仕様となっていて、買い物から週末ライドまでこれ一台でカバーしてしまいます。週末は普段、車で行くような場所まで買い物に行って、運動と買い物を一緒にしてしまうことも出来てしまいます。タイヤの空気圧管理も、お持ちの空気入れで行えるように英式バルブを採用しています。