KASHIMAX(カシマックス)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

KASHIMAX(カシマックス)の取扱いカテゴリ(パーツ)

KASHIMAX(カシマックス)について

75年以上の歴史を誇る、メイドインジャパンの唯一のサドルメーカー、KASHIMAX(カシマックス)。競輪サドルのFIVE GOLD(ファイブゴールド)、aero(エアロ)、CityCycle(シティサイクル)。手作りハンドメイドから Made in China のリーズナブルなものまで、幅広いラインアップを誇ります。

KASHIMAX(カシマックス)の歴史

1936年 加島金吾の個人経営にて創業(大阪市西成区中開町)。
1947年 株式会社に改組(大阪市阿倍野区阪南町)。
1960年 自転車用サドルJIS認定工場に(No.7382)。
1979年 競輪用サドル「FIVE GOLD」を発売。
1984年 樹脂ベース射出成型機を設置。
1989年 中国天津市において委託生産方式により生産を開始。
1992年 天津市に合弁会社設立。
1993年 本社を松原工場に移転(松原市岡1丁目114番地)。
2004年 工場・事務所を堺市に移転(堺市美原区北余部)。
2009年 現所在地に移転(松原市岡1丁目116番地)。

特徴

KASHIMAX(カシマックス)といえば、日本を代表するサドルメーカーです。競輪選手御用達、NJS認定のプロ仕様レーシングサドルの「FIVE GOLD」はまさにブランドの顔。本革仕様のトーストラップもあります。また、「AERO」はお洒落な街乗り自転車やBMXライダーからも高い支持がある人気商品です。