JAMIS(ジェイミス)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

JAMIS(ジェイミス)の取扱いカテゴリ(自転車)

JAMIS(ジェイミス)について

初期はビーチクルーザーブランドとして創業したアメリカ最古のブランドのJAMIS(ジェイミス)。
MTBのほか、レイノルズパイプを使用したクロモリツーリングバイクに定評がある。

JAMIS(ジェイミス)の歴史

1937年 ジェイミスの母体であるジョージ・ジャノウ サイクル(以下G・ジャノウ サイクル)はヨーロッパ製の自転車及び部品の小さな代理店として始まった。
G・ジャノウ サイクルは現在アメリカで創業者一族が管理する会社としては最も古く、最大の自転車会社の一つである。
1979年 初のオリジナル「EARTH CRUISER」を発売し、これを機に様々なモデルを開発。
「ジェイミス」ブランドとして今日に至る。
内装の無段変速システムを搭載した珍しいシティバイクもラインナップしている。
ジェイミスのデザイナーであり、開発責任兼副社長のグレッグ・ウェバーもその時より、ジェイミスとともに居る。
現状に満足する事はなく、ジェイミスは彼とともに""完璧なバイクを造ること""にいつも情熱を注ぎ込んでいる。

スチールフレーム

JAMISが始まる1970年代は、スチールが唯一の素材でした。現在では様々な素材がフレームに採用され、もはやスチールは絶対的なフレーム素材ではなくなりましたが、JAMISはスチールを愛し、スチールとともにあり、スチールに乗り続けています。
スチールフレームには、耐久性があり、欠けや凹み、キズがついてもその状態を知らせてくれ、容易に修理することが可能です。そしてそのスリムでストレートなルックスがJAMISは大好きです。JAMISは、レイノルズが作る最高の素材を使用しています。