IPF(アイピーエフ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

IPF(アイピーエフ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

IPF(アイピーエフ)について

IPFは、1946年の創業以来、自動車用フォグランプや電球などの製造販売を行っているメーカーです。『走る』という環境の中での照明器具に特化して、ラリーなどの過酷なレースにもライトを供給して得た『走りやすさ』『安全性』にこだわった60年にわたる専門的なノウハウを活かし2010年より自転車用ヘッドライト、テールライトを展開しています。

IPF(アイピーエフ)の歴史

1946年 群馬県高崎市にて、小部品のプレス加工を開始。
1953年 市川プレス工業株式会社設立。
1966年 輸出業務開始。
1972年 JIS表示許可工場指定。
1973年 SAE、CHP等、諸外国の規格取得。
1976年 貿易部門を独立(アイピーエフ株式会社設立)。
1978年 アメリカ合衆国に現地法人IPF MOTORSPORTSINC.U.S.A.設立。
1989年 IPFテクニカルセンター完成。
IPF TAK INC.フィリピン工場稼働。
1990年 IPF株式会社に社名変更。

特徴

IPFの商品展開は、コンパクトなヘッドライト・テールライトで、バイクの印象を崩さない高いデザイン性が特徴的です。多くの自転車に対応する柔軟な取付ブラケットで車体を選びません。ヘッドライトについては、マルチリフレクターと非球面レンズにより、従来のライトに比べ光のロスを大幅に減らすことに成功しています。