InterMax(インターマックス)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

InterMax(インターマックス)について

日本人プロとしてツール・ド・フランスに出場した経験がある今中大介氏がプロデュースするロードバイクブランドInterMax(インターマックス)。現役時代に培ったイタリアの関連メーカーとのコネクションを活かし、最先端の素材や技術を積極的に採用し、短期間でプロユースのレーシングバイクブランドの地位を確立させました。すべてのモデルには今中氏のこだわりが細部まで浸透し、一切の妥協がないほど完璧に仕上げられているのが特徴的です。

InterMax(インターマックス)の歴史

1998年 スタート。

特徴

インターマックスの自転車は、日本人の体形に合わせながらも、イタリアの自転車文化そのものを肌で感じることができます。海外の一線級で活躍してきた今中氏の経験がふんだんにフィードバックされたロードレーサーは、どれも完成度が高く、またオートクレーブ工法を用いるなど最新の技術を積極的に用い、常に妥協することなく高みを目指しています。ブランド名だけを聞くと、敷居が高い印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、コストパフォーマンスに優れたレーススペックも展開されています。