herrmans(ヘルマンズ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

herrmans(ヘルマンズ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

herrmans(ヘルマンズ)について

ヨーロッパのコンフォートグリップメーカーとして随一のHerrmans(ヘルマンズ)。拠点でもあるフィンランド生産にこだわり、グリップのみならずライトやその他樹脂製アクセサリなどにも技術のノウハウを注いでいます。

herrmans(ヘルマンズ)の歴史

1959年 会社設立。リムテープの生産を開始。
1966年 スウェーデンに輸出開始。
1969年 グリップの生産開始。
1976年 リフレクター発売。ドイツを中心に大好評。
1982年 チェーンガード発売。
1991年 LEDベースのヘルメット用ライトと発売。

特徴

Herrmans(ヘルマンズ)は、ヨーロッパを中心に人気がある自転車パーツブランドです。日本では、グリップやリムテープなどを主に展開しています。ロックオングリップでエルゴノミクス形状、北欧デザインが融合した機能性の高いグリップや、ちょっと変わったコルクデザインのグリップが特徴的です。コンフォートタイプで、フィット感の良い物が人気となっています。