HARO BIKES(ハローバイクス)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

HARO BIKES(ハローバイクス)の取扱いカテゴリ(自転車)

HARO BIKES(ハローバイクス)について

アメリカの南カリフォルニアにあるBMXフリースタイルの元祖ブランドHARO BIKES(ハローバイクス)。ダートをルーツにもち、BMX、マウンテンバイクを得意とするブランドです。流行を追った物まねをしない、人と違う事を恐れないという姿勢を貫く、ライダーの為に良いバイクをライダーと一緒に作るパッションのある開発を続けています。

HARO BIKES(ハローバイクス)の歴史

1978年 BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。
1980年 Haro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。
1986年 早くもExplorerという名前のマウンテンバイクの初代モデルを生産。ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。
以後、Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開