GT(ジーティー)マウンテンバイク(MTB)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

GT(ジーティー)マウンテンバイク(MTB)の詳細なカテゴリ

GT(ジーティー) マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

GT(ジーティー)特徴

特徴

GTは1979年にアメリカのカリフォルニアに設立されたスポーツバイクメーカー。剛性の高さと乗り心地のよさを両立した「トリプルトライアングルフレーム」、衝撃を吸収しながら高い加速性能を維持する理想的なサスペンションシステムである「i-DRIVE」など、独創的かつ革新的な技術を装備した製品を送り出しきました。オフロードでの安定性の高い走行性能、ワールドカップやオリンピックといった多くのワールドクラスレースシーンで活躍から、多くのマウンテンバイクライダーの憧れのブランドとして常に最先端を走り続けています。

GT(ジーティー)フルサスシリーズ

フルサスシリーズ

90年代よりMTBを数多く発表し、レースでも結果を残しているGTならではの革新的技術の結晶。特に悪路走行時の無駄を徹底的に排除したi-DRIVEなど常に時代の最先端のサスペンションシステムを開発している。ダウンヒルバイクのFURY(フューリー)、オールマウンテンバイクのFORCE(フォース)、クロスカントリーバイクのSENSOR(センサー)等幅広いライディングスタイルに対応するシリーズを展開。

GT(ジーティー)ザスカーシリーズ

ザスカーシリーズ

GTと言えばZASKAR(ザスカー)、と言うほど長く、そして多くのバリエーションがラインナップされる定番シリーズ。カーボンやアルミといったフレームマテリアルはもちろん、ホイール径にも選択肢がある為、大抵の用途に合ったモデルが選べる。クロスカントリー用途に最も力を発揮するが、安定性の高い乗り味は競技ではない里山ライドにも最適。

GT(ジーティー)その他フロントサスペンションモデル

その他フロントサスペンションモデル

競技使用にも耐えうるモデルもあるが、トレイルのファンライドや街乗りバイクとしての用途に最適な低価格MTB。29インチホイールで高い巡航性能を誇るKARAKORAM(カラコラム)シリーズ、GT MTBの入り口であるAVALANCHE(アバランチェ)や、AGGRESSOR(アグレッサー)シリーズ等がある。モデルによってはキャリアを取り付けてツーリングバイクとしての活用も可。