GT(ジーティー)フレームを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

GT(ジーティー)フレームの詳細なカテゴリ

GT(ジーティー) フレームの特徴・選び方

GT(ジーティー)特徴

特徴

BMXのフレーム製作から始まったGTは、その技術をマウンテンバイクやロードにも生かして一流のバイクメーカーに名を連ねています。アルミニウムを最適な形状にするハイドロフォーミング加工や、アルミニウムにマグネシウムとシリコンを加え熱処理するGT独自の合金で製作するフレームは、究極のバイクに仕上がっています。GT(ジーティー)が考え抜いた金属フレームは、カーボンをもしのぐ性能を持っています。

GT(ジーティー)選び方

選び方

1994年に発売されたモデルの復刻モデルのGT (ジーティー) 2013年モデル EDGE Ti FRAME エッジTiフレーム。素材にはチタンを選択し、長く乗り続けられる一台になっています。チタンは自転車フレームに用いられる金属の中でも軽く、耐腐食性に優れた素材です。難易度が高いとされるチタンの加工もGTの技術により、高精度に仕上がっています。GT (ジーティー)唯一のシクロクロスモデルとしてラインナップされるのは、EDGE Ti FRAME (エッジ チタンフレーム)2014年モデル です。テーパードヘッドチューブ採用によりヘッド周りの剛性は見事に確保されていて、安定したラインディングが可能です。ディスク仕様なので、マッドコンディションで威力を発揮するでしょう。